脱毛サロンでトラブル!相談先は

脱毛サロンでよくあるトラブル
Home » 脱毛サロンでよくあるトラブル » 脱毛サロンでトラブル!相談先は
脱毛サロンでよくあるトラブル | 08月13日更新

脱毛サロンでトラブル!相談先は

脱毛サロンでトラブル!相談先は

脱毛サロンでのトラブルには、自力で解決できないものが多く、どうしてよいかわからず途方に暮れるという場合も多いと思います。
皮膚のトラブルならとりあえず皮膚科のある病院に、という明確な行き先がありますが、金銭面や契約面といったトラブルは、誰を頼って解決すればよいか、わからなくて焦ることもあります。

そういったトラブルの最たるものが、「脱毛サロンの無料カウンセリングや、安価な体験コースを受けている最中に、高額なコースの契約やサロンの商品の購入を執拗に迫られた」というものでしょう。
そういった押し売りに対しては、まずはハッキリと断る、ということが当然必要ですが、問題はその後どうするか。
押し売り行為はサロン全体の方針である場合もあれば、その店員さんだけの意志、という場合もあるので、まずは脱毛サロン自体に相談をすることです。
それでもラチが開かない場合は、そのサロンに二度と行かない、という強い意志を持ちましょう。
もしくは、消費者センターに相談する、という手段もあります。
消費者センターは各都道府県にあり、サービス業関連のトラブル全般の相談に対応しています。

契約面のトラブルでは、「まだサロンに通う回数が残っているのに、サロンが経営破たんしてしまった」というものも多いです。
サロンが経営破たんした場合、契約した料金の回収は手間がかかります。
コース上の回数が残っているお客さんは、形式上は脱毛サロンに対する債権者となりますが、多くの場合は調停にまで持ち込まなければ、回収は望み薄となります。

それよりは、「日本エステティック業協会」に相談するという方が、確実に施術を受ける環境を取り戻す可能性が高いです。
経営破たんした脱毛サロンがこの協会に加盟しているならば、別の加盟店によって同じ内容の代替サービスを受けられるという制度があります。
そもそも脱毛サロンを探す段階で、この協会に加盟しているサロンを探すということが、こういったトラブルを避ける最良の手段かもしれません。