アフターケアが大事

脱毛サロンでよくあるトラブル
Home » 脱毛サロンでよくあるトラブル » アフターケアが大事
脱毛サロンでよくあるトラブル | 09月24日更新

アフターケアが大事

アフターケアが大事

脱毛サロンに行く前に、きちんと肌を保湿したり、日焼けをしないようにしたり、といった対策は自然と取るようになるものですが、問題はアフターケア。
施術後が大事だといっても、何をすればいいか困ってしまいがちですよね。

とりあえず、炎症やヒリヒリとした痛み、浮腫みがないかというのは必ずチェックしましょう。
毛穴に白いニキビのようなものが出ている場合は、毛嚢炎の恐れがありますので、迷わず皮膚科を受診すべき。
また、黒いボツボツしたものが出ているときもあります。
これは、焼いた毛根や短い毛が残っているだけですので、あまり気にし過ぎないほうがよい場合もあります。

そして、脱毛後にもしっかりとした保湿が必要です。
脱毛直前と同じように、保湿クリームやジェルなどをしっかりと使うようにしてください。
クリームや保湿ローションを脱毛サロンでもらえることもありますが、薬局で手に入れるほうがよいでしょう。

また、施術当日、湯船に入る入浴は避けるようにしてください。
熱いお湯は、特に光施術でレーザーを当てた直後の、敏感になった肌には刺激が強すぎます。
ぬるめのシャワー程度にすませ、脱毛をした箇所もタオルでゴシゴシこするのではなく、手に石鹸をつけて軽くさする程度にしましょう。
これは敏感肌やアトピー肌の人向けの洗い方ですが、脱毛直後の方にも適しています。
垢がたまりすぎるのでは、という心配は無用。
新しい皮膚ができれば、垢は自然に落ちていきます。

とにかく、肌に熱を加えないようにしましょう。
日焼けなどは徹底的に避けてください。
フライパンを使った料理なども避けるように、前もって献立を考えておくというのもよいかもしれません。

そして、これはワキ脱毛に限定したことなのですが、やたらワキに汗をかきやすくなるようになった、という方がいます。
この多汗傾向は、身体的な理由としては、脱毛の際に汗腺が刺激されるために起こるのですが、むしろ、ワキを意識しすぎるあまり緊張して汗をかきやすくなる、という精神的な作用が強いです。
こういうときにワキの下にタオルをあてがうということはやめましょう。
逆に意識するようになって汗が増えてしまいます。
一過性のものだから気にしない、くらいに考えてちょうどいいのです。