脱毛サロンでのトラブル体験談

脱毛サロンでよくあるトラブル
Home » 脱毛サロンでよくあるトラブル » 脱毛サロンでのトラブル体験談
脱毛サロンでよくあるトラブル | 09月10日更新

脱毛サロンでのトラブル体験談

脱毛サロンでのトラブル体験談

脱毛サロンによるトラブルはネット上に多く体験談が寄せられており、国民生活センターでも身体的・金銭的被害の報告があります。
脱毛施術はやはり自分の肌のことであり、高額の金銭が動くことですので、ひどい対応をされた時の怒りは大きいことかと思います。
脱毛サロンが行っているキャンペーンで、5千円のワキ部分の体験脱毛をしてもらったところ、「これならワキだけでも数十万かかる」と言われ、契約するように執拗に迫られたという報告があります。

契約関係の脅迫は多く、こんなケースもあります。
クレジットカードに、身に覚えのない約100万円の脱毛サロンからの引き落としがあり思わず困惑したという女性。
実は娘が無理やり勧誘され、断りきれず高額なコースに契約をしてしまったということです。
特に女子大生などの若い女性がこうした被害に遭いやすいよう。
脱毛を考えておられる方には、こういったトラブルが起こりやすいことを忘れないようにして、しっかりと断る勇気を持ちましょう。
各都道府県の消費生活センターにはこうした相談に対応してくれます。

勧誘のしつこい脱毛エステは、カウンセリング中の対応がぞんざいで、勧誘するときだけはやけに親切、というパターンも多いようです。
こういった脱毛サロンの利用は避けるのが良いでしょう。

また、常識的に考えられない施術をされたという事例もあります。
その方は、光脱毛でまぶたの脱毛を行う際、「強く当てれば二度と生えてこないから」と言われ、他の箇所でも熱いくらいの強いレーザーを当てられ、帰宅後に目蓋の皮がめくれてしまったそうです。
それを施術スタッフに問いただすと、「施術中はめくれていなかった」などと言われ、病院に行きますと言っても「行く必要はない」という冷淡な対応。
店長は「韓国人のスタッフで、言葉の壁があった」とし、謝罪をしたものの、こういったスタッフを雇っている事自体、サロン全体としての問題があります。

自分の体を預けるのですから、脱毛サロンはしっかりと評判を吟味して選ぶようにしましょう。